正しい方法で化粧品を使おう

化粧水と乳液はどう使い分ける?

スキンケアの方法を知ろう

正しい量でスキンケアをしよう

化粧水は、たっぷりお肌に付けてください。
すると美容成分がお肌に浸透して、効果を発揮できます。
高級な化粧水を使っている人は、無くなったらまた買わなければいけないので出費が多くなります。
なるべく長い時間使えるように、少しずつ使っている人がいます。
それよりも、もっと安い化粧水で良いので1回の使用量を増やしてください。
少ない化粧水では、何も意味が無いことを覚えておきましょう。

ちなみに乳液は、少なくても良い場合があります。
自分の皮脂の量を確認してください。
若いうちはたくさん皮脂が分泌しているので、たくさん乳液を使わなくても良いかもしれません。
年齢が上になると、皮脂の分泌量は減少します。
状態に応じて、乳液の量を変えてください。

顔の部分ごとの違いを知る

頬が特に乾燥しやすかったり、鼻の頭に皮脂が分泌されやすかったり、同じ顔でも部分ごとに状態が異なっています。
パーツごとに、化粧水や乳液の量を変えるのがおすすめのスキンケアです。
自分の顔をよく知ってください。
乾燥しやすい部分は、もっとたくさん化粧水を付けたり乳液を付けないと意味がありません。

また、コットンを使うのがおすすめです。
手が乾燥していると、手に化粧水をつけた時に全て手が吸収してしまう危険性があります。
コットンを使えば、しっかり顔に化粧水を付けることができます。
またコットンの方が、お肌に刺激を与えないと言われています。
強くお肌を叩いたり、擦ったりしないでください。
刺激を与えることは、絶対にいけない行為です。


この記事をシェアする