正しい方法で化粧品を使おう

化粧水と乳液はどう使い分ける?

水分不足はお肌が悪化する原因になる

化粧水の後に乳液を使おう

どのタイミングで、乳液を使えば良いのか分からなくて困っている人が見られます。
正しい順番でお肌のスキンケアをしないと、トラブルが収まらないので気を付けてください。
化粧水を塗った後に、乳液を使ってください。
乳液を使わないと、化粧水の成分が蒸発してしまいます。
美容に良い成分を与えたつもりでも、乳液でしっかりフタをしなければ意味が無いと覚えておきましょう。

人によって、お肌が乾燥しやすいか変わります。
生まれつき乾燥肌に悩んでいる人は、多めに乳液を使うのがおすすめです。
皮脂が多くて、逆にいつも潤っている人がいるでしょう。
その場合は、少ない乳液でも構いません。
その人に合っている乳液の量があるので、見極めてください。

季節によって皮脂の量が変わる

生まれつき皮脂が多い人もいれば、少ない人もいます。
皮脂は、お肌に潤いを与えるために欠かせないものです。
必要以上に洗顔で、皮脂を落とさないでください。
また、季節によって皮脂の量が変わる人がいます。
夏になればたくさんの皮脂が出て乳液がいらないくらいでも、冬は乾燥しやすいので急激に皮脂が分泌されなくなることがあります。

お肌の特徴を知って、ふさわしいスキンケアを見つけることがお肌を綺麗にするポイントです。
夏に大量の皮脂が分泌される人は、乳液を使わなくても良いかもしれません。
皮脂だけでお肌に潤いを与えたり、化粧水の成分が蒸発することを防げます。
冬に皮脂が少なくなる人は、冬用にさらに保湿効果がある乳液を買うと良いでしょう。


この記事をシェアする